教えてもらうのと実際に目で見るのは全く違う|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

こんにちはジール整骨院の中務です
先日は僕の患者さんが運営されている
バレエ教室の発表会を見に行ってきました。

僕の姉も高校生までバレエをしていたので
発表会は何度か見に行ったことはあるのですが、
感性のない僕には退屈で
寝落ちするのがほとんどでした!笑

なので初めは患者さんの発表会で
寝落ちしたらどうしよう?
とか考えていたけど

でも今回の発表会は一味違う
『セラピストとなって初めて見に行く』のです

もう寝てらんない!
患者さんにはバレエの動き方とか教えてもらうけど
実際にみるのでは訳が違う

施術中は部分部分教えてもらっていたので
点と点が、線になった感じで!

・表現力の違い
・肩甲骨〜指先までの使い方
・股関節〜腰椎の連動性
・足部の安定性

など演技ももちろん楽しかったけど
こんなところばかりが目に入る。笑

職業病かな。。。

今回の学びは施術で教えてもらうこと
実際に自分の目で見る事は全く次元が違う。
学習速度ももちろん違いますね。

治療院にいては一生わからない
実際に行動して、
その目線で見て初めてわかることが多いと思います

皆さんも
実際に目で見て、
体験して、
学習・習得してみはどうでしょうか?

関連記事

  1. ブログテスト

  2. 5/301ヶ月前のぎっくり腰|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院…

  3. 保護中: 研修風景

  4. 攣縮のメカニズムとは!?

  5. 一流の選手ができる『素直さ』とは何か?

  6. 腰痛外来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。