腰痛外来

腰痛の種類と特徴

腰痛の種類は大きく5種類に分類されます。

①椎間関節性腰痛
②椎間板性腰痛
③仙腸関節性腰痛
④筋筋膜性腰痛
⑤他の関節からの影響

①椎間関節性腰痛

原因
・反り腰
・立ってる時にお腹が前に出る
・背筋よりも腹筋が苦手
・骨盤の歪み
・足を組む癖

特徴
・腰を後ろに反った時に痛み
・指一本で『ここが痛い』と言える
・痺れの場合は、足全体に連続した痺れではなく、局所的な痺れ
赤羽根良和:腰椎の機能障害と運動療法 ガイドブック
どこが問題か?
・腰骨は5つあります。
・その中のどこが問題かによって、症状の出る場所が変わる。
赤羽根良和:腰椎の機能障害と運動療法 ガイドブック




②椎間板性腰痛

赤羽根良和:腰椎の機能障害と運動療法 ガイドブック

原因
上図cの様に
『骨盤後傾=腰椎後弯』することにより
①後ろの神経が圧迫され痛みが出る
②後ろの筋肉が伸ばされ痛みが出る

下図a(腰椎後弯=屈曲)

赤羽根良和:腰椎の機能障害と運動療法 ガイドブック
特徴
・座った時に骨盤が後傾
・下の物を拾う時膝が伸びている
足を組む癖がある
内股気味  など

進行するとヘルニアに以降するので要注意

月刊スポーツメディスン 2012 4月号

③仙腸関節性腰痛

原因
・骨盤後傾+腰椎後弯
・骨盤の歪み
・過去に何回もぎっくり腰
・股関節の硬さ

特徴
・きっかけはホント些細なこと
・歩けないくらいの痛み
・少しでも動かすと痛い
・前屈も後屈も痛い
・足に若干の痺れがある
仙腸関節痛での痛む場所は下図の場所になります。
林典雄の運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 下肢編

④筋筋膜性腰痛

原因
・骨盤後傾+腰椎後弯
・背中の筋肉の血流が悪くなり怠さ・痛み
・背筋の筋力不足、固定状態が続く
・骨盤の歪み

特徴
・長時間の座り姿勢
・腰が丸まっている
・定期的に運動していない
上記の図のように
筋肉が白くなっているところが血流が滞り痛み・凝り感を訴えます。
(通常は黒色)

⑤他の関節からの影響

例えば前屈をしようとすると
①腰椎
②骨盤
③股関節
Totalした運動で前屈ができるのですが、

人によっては
腰だけで前屈したり、
股関節だけで前屈したり、
とある関節だけ頑張って動かそうとして怪我をします。

関連記事

  1. 妻に感謝!

  2. 一流の選手ができる『素直さ』とは何か?

  3. AMAZONのプライム会員に学ぶ時間の使い方|岡山市中区門田…

  4. 大塚国際美術館に行ってきた!!

  5. 基準を高める!|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

  6. 目の前の誘惑に負けない理由|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。