OPE適応と言われた、変形性膝関節症の患者さん

昨日4年前から変形性膝関節症と診断され
OPE適応と言われたがOPEはしたくない
という患者さんを診させていただく機会がありました

病院も何件もいき
整体・整骨院も何件もいき
中々良くならない

もしこのまま歩けなければ
トイレに行くのも、介護が必要ではないのか?
と心もすごく不安な状態でした。

ここで僕が感じるのが
そもそも機能的に評価できているのか?

・歩行時痛
・膝関節は屈曲・伸展(曲げる・伸ばす)共に正常可動域
・病院では軟骨がくっついていると診断
 (もはや意味がわからい。笑)
軟骨がくっついていたら屈曲も伸展もできないじゃない?

上半身重心は後方
SwayBack
股関節内旋
膝関節外旋
ショパール関節外転
足関節背屈制限(ー)
両母指外反母趾

まず膝関節伸展(伸ばす)の状態で
膝蓋骨誘導すると全く動かない
膝蓋下脂肪体への圧痛もかなりある
大腿二頭筋短頭 過緊張

これで歩いてもらうと、スムーズに歩けると。
もちろん感知ではないが
上半身、骨盤帯、足部の調整も今後行う予定。

本当に(TKA人工膝関節)OPEをする必要があるのか?
もし本当にOPEをしてしまったら?

今膝の痛みで悩んでる方は一度別の当院でなくても大丈夫です
セカンドオピニオンを受けてみるのも良いと思います!

関連記事

  1. 膝関節外来

  2. 変形性膝関節症で膝ばかり治療してませんか?|岡山市中区ジール…

  3. また来られた原因不明の膝の痛み|岡山市中区門田屋敷ジール整骨…

  4. 靴選びのポイント(カウンター編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。