タイヤトレーニングで足が速くなる|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

昨日はハジャスさんのトレーナー帯同を行い、
足を早くするトレーニング指導をしてきました!

ハジャスさんには
タイヤがあり


『タイヤを押す』という
単純なトレーニングをすることで
走りが早くなります

その理由として

胸を張りすぎな
②腸腰筋の指導をしやすい
③ヒップ、ハムの刺激が入りやすい

走るのに必要な筋肉が
一度に刺激を入れれるのです

トレーニングは前回も行ったので、
今回で2回目です
・速い選手
・遅い選手
に別れました

タイヤを早く押せるから
走るのが早くなる訳ではありません

要は体の使い方ができていたら
タイヤトレーニングもキツくないんです

そこで今回は一つコツを教えました
『肩甲骨の外転』=『前鋸筋を使う』

前半は肩甲骨を内転
後半は肩骨骨を外転

動画をみてもわかるように

この前鋸筋を使うことで
腕の力タイヤを押すのではなく
体幹の力タイヤを押すので
全然楽になります

全員できたわけではありませんが
楽になった選手も多くいました。

では前鋸筋を使うと
なぜ足が速くなるのか?

タイヤトレーニングの
①胸を張り過ぎない
と言いました

サッカーのように
20m短距離を何本も走る競技で
胸を張る必要は無いです

世界の陸上選手も
スタートダッシュから胸を張る選手は
一人もいません。

全く違う競技でも
学ぶ要素がいくつもありますね
興味のある人は動画探してみてください

②、③
の紹介はまた次回に

関連記事

  1. また出た!原因不明の『膝痛』|岡山市中区ジール整骨院

  2. 再現性を高めてどんな人でも痛みを取る|岡山市中区ジール整骨院…

  3. 扁平足改善予防トレーニング入門編

  4. Jリーガーからのアドバイス!!

  5. アスリートたる者、考えろ!

  6. 岡山サッカー決勝をみて感じたフィジカルとは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。