僕の人生論(ジール整骨院代表中務貴之)

こんにちはジール整骨院の中務です
コロナの影響で『僕が皆さんにできることは?』
と考えこのブログを発信することが
僕だけにできることだと思ったので書きました。

あくまで僕の人生論であり、
皆さんの何か役に立つ内容が一つでもあればいいと思います。

最近はどのテレビをつけても
コロナの影響ばかり、心も体も疲れている人もいると思います。

実際にジール整骨院でも
3月は前年度よりも来院数が20%上がり
4月に入り現段階で前年度の10%の減っています。

今まで毎月最多患者数を更新していましたが、
さすがに影響が出てきました

ここで2つの人に分かれると思います。

①コロナだから仕方ない

②コロナだから何かできることがないか?


僕は②
コロナだからできることもある
のではないかと思っています

現に僕が
コロナ前から実践している内容
コロナ後から実践している内容
を皆さんにシェアできたらと思います。

============コロナ前==============
・施術
・能力開発(目標計画と実践・考え方) ⇨4h/1w
・セールストレーニング        ⇨4h/1w
・マネジメントトレーニング      ⇨2h/1w
・技術力の向上と開発         ⇨7h/1w

・新規患者さんへのオファー     
 ⇨現場、SNS、紹介ツール活用    ⇨4回/1m
・既存患者さんへのフォロー
 ⇨TEL、ハガキ、LINE@       ⇨10回/1m

・同業他社分析            ⇨1回/1m
・整骨院の内観外観の変更       ⇨1回/1m

・経営面毎月のキャッシュフロー    ⇨20%以上
・新規事業への計画・準備       ⇨14h/1w
・経済の分析(経済雑誌        ⇨1回/1w

============コロナ後==============
やっている内容は何も変わっていません。。
(ジール整骨院の本庄先生に聞いたらわかります笑)

変わったのは時間配分が変わりました。
今まで以上に上記の中でも



・整骨院の内観と外観の変更
  ⇨看板、診察券、口コミボード作成、
   加湿器変更、テレビ導入、紹介カードの作成、
・能力開発
  ⇨理念の浸透。目標の実践計画
・セールススキル
  ⇨セールスを行うためのマナー
・技術力の向上・開発
  ⇨『根拠のある説明』と『変化を出せる技術』
・新規ビジネス展開
  ⇨㊙︎

上記の時間にかなりの時間を注ぐようになりました。

僕が毎日5:50分に起きて
 よる22:00まで仕事をして、就寝0:00

全て事前対応をしているので
コロナであろうが、
コロナでなかろうが
やっていることは何一つ変わらないんです。

変わるのは時間配分のみ。

必要なことを、
必要になる前から準備しておく。

整骨院のキャッシュに関しても
ジール整骨院は開業して2年ですが収入がなくても
6ヶ月分のキャッシュは残っています。

これで社員を守ることもできるし
整骨院を存続することができるんです。

技術力だって
同じ業界で社会人になってから
一度も勉強したことない人もいると思います

その人に
初めは技術で負けてたとしても、
毎日勉強して、患者さんに実践し続けると
必ずいつかは抜けるでしょう!

セールス力だって、
能力開発だって、
経営力だって、
人間力だって、

全て同じ

だから僕は事前対応してるんです。

スポーツだって同じだと思いますよ
サッカーの大会があって
強豪校とあたる前日からいくら練習しても
勝てるわけないですよね

毎日きつい練習を3年間続けた結果
強豪校にも勝てるんです。

僕はそれの社会人バージョンをしてるだけ。

皆さんも
もうコロナの影響は出ていると思います。
でもまだ間に合います!

いつかは必ず終息します。
その時が
『やってる人』 『やっていない人』
の差が大きく出る時です

さぁ
今日からです!
今からです!

コロナだからできること!
を見つけて一生懸命頑張っていきましょう!

僕も今まで以上にもっと頑張ります。
本当に大変ですが
少しでも早く皆さんの心が元気になって

行きたいところに行って!
したいことをしてできる!

世の中になると願ってます。

ジール整骨院代表 中務 貴之

関連記事

  1. ブログテスト

  2. 靴選びのポイント(カウンター編)

  3. 基準を高める!|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

  4. 目の前の誘惑に負けない理由|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院

  5. 感性的な悩みをしない(企業理念)

  6. 5/301ヶ月前のぎっくり腰|岡山市中区門田屋敷ジール整骨院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。